夢と情熱を
持ち続けられる会社

住宅アドバイザー

2013年中途入社 奥野 裕一郎

入社のきっかけ

前職は工場の2交代勤務で職場でした。もちろん、やりがいを感じられる職場でしたが、自身がより活躍できるステージを求め退職。その後、職業訓練学校で学んだのが「住宅リフォーム技術科」でした。当初は住宅業界で働きたいとは思っていませんでしたが、住宅関係の勉強をしたこともあり、中美建設から採用オファーをもらい入社しました。

今の仕事の内容

住宅の新築を考えるお客様への接客、ご提案、契約を中心に担当しています。提案に向けては、設計チームにお客様の要望を適切に伝えながら、間取りなどのデザインを作り上げています。さらに、建設中のお客様フォロー、引渡しも担当しています。各タイミングで、設計部や工務部のメンバーと連携を取りながら仕事を進めています。

一人前になるまで

入社した当時は、若手の住宅アドバイザーは在籍していなかったのですが、先輩のベテラン社員の方々のサポートもあり、すぐに会社に馴染むことができました。初めて自分自身で契約をいただいたのは、入社後半年くらいでした。契約時に施主様の奥様の緊張感がひしひしと伝わってきて、人生に大きな影響を与える、大きなライフイベントの重みを痛感し、住宅アドバイザーの責任の大きさに気づかされました。

仕事のスタンスとやりがい

契約の瞬間はもちろん嬉しいのですが、契約をいただくことを一番の目的にするのではなく、お客様のご要望に対して客観的な立場で接することを心掛けています。また、住宅アドバイザーの仕事は契約・建設・引渡しと1年以上のお付き合いになることが多いので、小さなお子様のいる施主様で、最初は私に警戒していたお子様が、いつしか私を名前で呼んでもらえるくらい仲良くなれた時は、嬉しい瞬間です。

未来の仲間へのメッセージ

住宅アドバイザーというと、土日も休めず大変というイメージがあるかもしれませんが、ある程度、仕事やスケジュールを自身で管理できるようになれば、プライベートもしっかり取れるので安心してください。また、会社に対しての提案などは、若手でもどんどんできる社風があり、自主性を持ちながらイキイキと働きたいという方には、非常にチャンスのある会社だと思います。

すべてのインタビューに戻る