設計士

「住みたい場所」と
「やりたい仕事」の
両立

2017年中途入社 太田

入社のきっかけと将来の夢

前職では名古屋の工務店に勤務していました。地元へUターン転職で中美建設に入社しました。設計の仕事をする前は看護師として働いていました。その中で、自宅で過ごしたいが環境が整っておらず、病院での生活を余儀なく過ごされる姿を目の当たりにし、住環境が大切であると感じました。その後建築の専門学校で、一から設計について学び、設計士として働くようになりました。将来的にはお客様が想い描いた家を具現化し、暮らしを楽しんでいただけるような家創りをすることが目標です。

今の仕事内容

設計士として、住宅アドバイザーを一緒にお客様との打ち合わせへ同席し、注文住宅・リフォームプランのご提案、住宅建設地への現場調査、見積りなど、設計に関する業務に携わっています。

大変なところ

中美建設は注文住宅を中心に取扱っています。設計の自由度が高い分、お客様のご要望(イメージ)を形にするのが難しく、お客様の抽象的なイメージを具体的なプランにし、ご提案する際は、お客様に満足いただけるプランになっているのか、緊張する瞬間でもあります。

仕事のやりがい

プランの提案時にお客様から「すごい!要望したことが、全部入っている!」などと、感動いただいた時は、すごく達成感があります。そして何より、自身が設計士として携わった住宅の引渡し時に、お客様から直にお礼の言葉をいただく時は本当に感動する瞬間です。

社風について

若いスタッフの多い会社ということもあり、活気があり、アットホームな雰囲気の、とても居心地の良い会社だと思います。設計部では、忙しい時は集中してパソコンに向き合っていますが、設計士の仲間と和気あいあいと話し合うこともあります。

未来の仲間へのメッセージ

若いスタッフでも様々な挑戦ができる組織だと思います。会社から、もしくは自分自身から、様々な分野に関する外部研修で学ぶことを奨励されています。実務を離れて勉強をする機会を積極的に作ってくれる会社は多くはないと思います。「中美建設でこんな夢を叶えたい!」などの前向きで、やる気に満ち溢れた方と一緒に働け、建築の話ができる日を楽しみにしています。