人との関りを楽しみ、
人を思いやれる人材がいる会社

施工管理

2012年中途入社 大山 敬太

入社のきっかけ

以前はゼネコンでビル建設などの現場監督をしていましたが、住宅に携わりたいという思いが強くなり、転職活動を行う中で、中美建設の求人を見つけ応募しました。その当時は大工に挑戦したいという思いもあったのですが、現場監督の経験があったため、新築施工管理として入社しました。

今の仕事の内容と入社時の苦労

住宅建設現場での施工管理業務として、現場管理全般(工程管理・原価管理・品質管理・安全管理)を行っています。現場監督経験者として入社しましたが、やはりビルと住宅では業務内容も大きく違い、最初は結構苦労しましたが、先輩社員に助けられながら何とか仕事を覚えていたのを思い出します。

大変なこととやりがい

気をつけて仕事をしていても、ミスをしてしまい、お客様からお叱りを受けることもあります。あとほんの少し気を配れていれば、と悔しい思いもします。それでも自身の管理業務によって工事が順調に進んだり、引渡しの時にお客様の笑顔を見た時は、この仕事をしていて良かったと思います。

今後のキャリアプラン

最近、中美建設では以前より多くのご契約をいただくようになり、限られた施工管理チームのメンバーでいかに効率よく、ミスなく、正確に業務をしていけるかが、より重要になっています。今後は、自身はもちろん、施工管理チーム全体のレベルを底上げするために、業務内容のルールを明確化し、運用できる体制作りのために、自身が果たせる役割を見つけていきたいです。施工管理という仕事は本当に奥が深いのですが、私はこの仕事を突き詰めて成長していきたいと考えています。

未来の仲間へのメッセージ

お客様、業者様・職人さん、同僚など、様々な人との関わりを楽しめる人。これらの関わる人達を思いやれる人。向上心があり、変化に対応できる人。人を喜ばせることが、自身の喜びと思える人。こんな想いを持った未来の仲間との出会いを楽しみにしています。

すべてのインタビューに戻る